トップ > サービス・環境

導入の流れ

導入パターン1

メリット デメリット
①作業の見直し可能(標準化) ①期間1年以上 
②要求機能の充実 ②コスト高

導入パターン2

メリット デメリット
①半年で運用可能 ①予算未定
②要求機能の随時追加可能 ②改善期間未定

Page top

保守サポート内容

iJIT保守サービスでは、システムの円滑な稼動を支援いたします。
また、お客様と弊社との間でリモート回線(インターネットVPN)を敷設して頂き、操作面における問合せ対応や
システム障害時の調査など、リモート環境上にてタイムリーな保守サービスを実施致します。

保守内容

項目 内容
ヘルプディスク 困った時お応えいたします。
 機能、および操作などについて、電話・FAX・メールにてお客様からのご相談・ご質問にお応えいたします。

上記の他、弊社ではお客様に応じて様々な保守形態をご用意しております。
詳細は弊社ホームページを参照下さい。

保守対象

iJITパッケージ製品及びカスタマイズプログラム

問合せ受付時間

受付時間 平日午前9時から午後5時30分
※土曜日、日曜日および年末年始と弊社所定休日はお休みとさせて頂きます。
問合せ方法 電話及び電子メール

尚、天災時の対応についてはその都度緊急対応を検討致します。

Page top

推奨環境

サーバ OS Windows Server 2008 以上、CentOs 6
対応プロセッサ Intel Xeon 3.0GHz 以上
メモリー容量 4GB 以上
ディスク容量 500GB 以上(RAID等含む)
データベース PostgreSQL 9.2以上
WEBサーバー Apache HTTP Server
アプリケーションサーバー Tomcat
クライアント OS Windows 7 以上
ブラウザ Chorome

詳細はお問合せ下さい。

Page top

よくあるご質問

構成マスターは、部品表から作成しているのか
構成マスターを直接入力して、部品表に反映しています
各種データをダウンロードすることはができますか
Excelでダウンロードができるよう各照会画面の上部にボタンを設定しています
最初に多くのマスター設定をする際、一括登録は可能ですか
Excelに必須項目を記入して一括登録できます